湿気の影響を防止

塗装

下地処理を丁寧に

仙台は、季節風の影響で夏には湿度が上昇し、冬には乾燥しがちな地域です。そして住宅の外壁は、湿度変化の影響を多く受けるほど、劣化しやすくなります。そのことから仙台では、外壁を守るための塗装が重要とされています。外壁塗装では、シリコンなどを水やシンナーで溶かして作った塗料が外壁に塗られます。水もシンナーも徐々に抜けていくので、これにより塗料は液状ではなく、シートのような状態になります。この塗料のシートが、外壁に余分な湿気が入り込んだり、必要な水分が失われたりすることを防いでくれるわけです。そのため外壁塗装をすれば、湿度が著しく変化する仙台でも、外壁を長持ちさせることが可能となります。しかし塗料を塗る前には、しっかりと下地処理をしておくことが必要です。たとえば外壁に塵など余分なものが付着していると、その上から塗料を塗っても、シート状になった時に剥がれてくることがあるのです。苔やカビが生えていた場合は、シートの中でそれらが一層根を張るようになる可能性もあります。そのことから仙台で外壁塗装をする際には、より丁寧に誠実に下地処理を行う業者に依頼することが肝心とされています。下地の状態が良いほど、外壁塗装の効果が出やすくなるのです。また塗料のシートは、強風などの影響で少しずつですが劣化していきます。その度合いに応じて塗り替えが必要となるので、継続的なメンテナンスを任せることができる業者を選ぶことも大事です。