家づくりは最後まで拘りを

エクステリア

お任せしますは後悔のもと

家づくりにおいて、土地の決定、間取りの設計、家の外壁のデザイン、インテリアコーディネートなどの打ち合わせが終わり、いよいよ着工かと思いますが、家の顔とも言える外構に関して、『何も考えていなかった』ということが意外と多くあるようです。外構に関しましては、『お任せします』での依頼だと理想と違う雰囲気で完成してしまった。など、最後の最後で失敗してしまった方も多くいるようです。そこで少しでも失敗しない為の準備をここで学んでおきましょう。まず、大切なのは『イメージ』です。自分がどのような外構にしたいのかをイメージしてみましょう。ナチュラル、モダン、和など様々な種類のデザインから自分の家のパースと照らし合わせたりしながら想像するとよりイメージが沸きやすくなると思います。そして外構デザインのイメージが固まったら、どのような外構のタイプにするかを考えましょう。外構のタイプとは、オープン外構やセミクローズ外構など複数種類があります。予算もお安く済ませたい場合はシンプルなデザインの『オープン外構』をおすすめ致します。ここまで創造したら、ここからは自分で考えたデザインイメージを業者との打ち合わせで伝えるのみです。業者との打ち合わせ時にはあらかじめインターネットなどで、理想とするイメージを探しておきましょう。口頭でのやり取りだけでは伝わりづらいことも多くありますので、実際の画像や絵を見ながら説明することで、業者にもより伝わりやすくなると思います。外構は様々な方に見られる家の顔とも言えると思いますので、拘りを持って後悔の無い家づくりをしましょう。