家の印象を良くする塀

一軒家

家とマッチする素材を選ぶ

家を建てた時に大事なのは外構デザインです。家とマッチした外構デザインにしないと、バランスが崩れて印象が悪くなります。最近はオープンデザインが多く、車を駐車しやすくする傾向があります。しかし塀を作ることによって家の個性を引き出すことができます。また塀には防犯機能もあります。例えば昔ながらの生垣や竹垣は和風の住宅によく合います。特に竹垣は和風には欠かせない塀になり、上品さと落ち着きを出すことができます。生垣の場合は植物の選び方によって洋風の家に合わせることができます。どちらも自然の素材を使った外構なので、街並にフィットする特徴があります。工事期間が短くてどのような家にも合うのが煉瓦やタイルやブロックを使った外構デザインです。煉瓦の場合は家が和風でも洋風でも独特の雰囲気を出すことができます。特に和風住宅にしゃれた煉瓦の外構は意外にマッチしますが、作業時間と費用がかかります。タイルの場合は洋風住宅にふさわしく、タイルの色の選び方で個性を出すことができます。もっと安価なのはブロック塀で、工期も短くなります。高級感を引き出す外構デザインは流し込みコンクリートです。外構の型を取り、そこにコンクリートを流し込むやり方で塀を作ります。鉄筋コンクリート造りの家にもピッタリですが、高級な和風建築にもふさわしいです。四角い形状だけでなく、自由なデザインが可能なので個性的な外構にすることができます。値段は最も高くなります。